本ホームページの情報及び著作権は、袋井市立袋井中学校に帰属します。

写真等の無断転載はご遠慮ください

2019年 今年もよろしくお願いいたします

平成31年2月27日(水) 1年生 進路講座  ジュビロ磐田 山田大記 選手 来校!

 

山田大記選手は講話の中で、それぞれ夢は違い、叶え方も違うけれど、自分の夢に近づくために共通して大切だと思うことを、今までの経験談をもとに話をしてくださいました。生徒は、真剣な眼差しで、自分の将来を真剣に考えるきっかけとなり、自分の考え方・行動で未来を創っていけることを実感することができました。

 

『 夢をつかむために・・・』山田選手の言葉

 

ひとのせいにしない

うまくいかない時にどうするか

自分で決断する

 

2019年2月16日(土)

袋井市社会福祉大会 袋井中生徒会・福祉委員会が赤い羽共同募金参加により 感謝状をいただきました!

 

 2月16()に袋井南コミュニティセンターで袋井市社会福祉大会が行われました。袋井中生徒会・福祉委員会が赤い羽根募金参加に対する感謝状をいただきました。(写真は、代表して参加した生徒です。)

 

 今年度も赤い羽根募金へのご協力していただき、ありがとうございました。来年度も主体的な生徒会活動として福祉活動を行っていきます。

 

 

 

平成311月11日(金)

 新聞投稿⑥ 

 

 「あやぐも祭」を通して成長した生徒

 

1227日付けの中日新聞「発言」で、

2年生鈴木美咲さんの投稿が掲載されました。

校内合唱コンクール「あやぐも祭」を通して、

成長した自分たちの姿を書いてくれています。

 合唱は、一瞬で消えていく芸術です。

 みんなで心を合わせ練習を重ねながら、

 歌った瞬間に消えてしまいます。

 だからこそ、貴いものであり、

 「あやぐも祭」を通して、確実に生徒は

 大切なものを学んでいます。

 

平成3011月26日(月)

新聞投稿⑤  

 

27~29日 2年生が職場体験学習を行います

 

2年生が27()から29()までの3日間、

職場体験学習を行います。御理解いただき、

生徒を受け入れてくださる職場・事業所の

皆様、本当にありがとうございます。

22日に伴野さんの投稿が新聞に載りました。

看護師を夢見る伴野さんですが、

体験先は美容院です。職業ではなく、

職場で「働く」ことを学ぶので、

必ずしも将来なりたい職業の職場に行くとは限りません。

しかし、働くことの大変さと喜びを学ぶことは、将来への貴重な学びになると期待しています。

「夢を追い続ける生徒の育成」を教育目標に掲げる袋井中学校は、キャリア教育にも力を入れています。

 

 

平成301119日(月)

袋井西コミュニティセンター祭り

 

         吹奏楽部 開会式で演奏!

 

    これからも地域と共にある袋井中を目指します  

 

1118()、記念すべき第1回袋井西コミュニティセンター祭りのオープニングイベントとして、袋井中吹奏楽部が演奏しました。定番となっている「ヤングマン」他演奏し、最後はリクエストに応えて袋井中校歌を演奏し、来場者も一緒に歌いました。

 

 

平成3011月16日(金)

 新聞投稿④  

 

袋井中生徒の意見をぜひ読んでください  

 

2年生が部活動の主軸となってがんばっています。英語部の杉井さん、サッカー部の匠斗さん、自分の目標、みんなの目標をちゃんと自分で考えています。

 

「夢を追い続ける生徒の育成」を教育目標に掲げる袋井中学校は、部活動でも生徒が主体的に夢や目標をもってがんばる姿を全力で支えていきます。

 

 

 平和への願い

 

 中学生のまっすぐな思い

 

 

 

袋井市広島平和記念式典中学生派遣

 

 

 

 袋井市は、広島平和記念式典に中学生を派遣しています。今年、袋井中からも4人の生徒が広島で、貴重な体験をしてきました。

 

由利さんは、その代表生徒の一人です。

  

201887 中日新聞朝刊より】

 

広島市で六日に営まれた平和記念式典に袋井市の中学生代表十六人が参列し、核兵器廃絶や平和の尊さについて思いを巡らせた。生徒らは十五日にメロープラザ(同市浅名)で開く市戦没者戦災死者追悼・平和祈願式で、広島の地で感じたことを発表する。

 

 袋井、袋井南、周南、浅羽の四校からそれぞれ四人が参列。五日に広島入りした生徒らは、被爆体験伝承者の案内で広島平和記念資料館や原爆ドームを見学したり、袋井市民から託された千羽鶴を「原爆の子の像」隣の奉納所に奉納したりした。

 

 六日の式典に参列した生徒からは「広島の被害は想像以上だった。原爆の恐ろしさを実感した」「平和を継承する大切さを強く感じた」「私たちが核兵器のない未来をつくらなければならない」などの感想が聞かれた。

 

 中学生の派遣は平和への意識を深めることなどを目的に二〇一五年から実施しており、四回目となる。

 

 

平成3010月4日(木)

 

新聞投稿③  

袋井中生徒の意見をぜひ読んでください

 

7月から、これまで中日新聞の「わかば」「発言」欄に掲載され、ホームページに載せていなかったものをまとめて御紹介します。 

 

今回は、2年生の上級学校訪問をきっかけに考えたものが多く掲載されています。今後も、機会をとらえ、社会に対して自分たちの意見を積極的に発信できる生徒になるよう、働きかけて行きたいと思っています。

 

 

平成30年9月27日(木)

 

中国教育視察団が

 

        袋井中学校を視察しました

 

去年に引き続き、静岡理工科大学・十朱国際交流センター長と

 

中国の教育関係者とつながりがあり実現したものです。

 

 

中国教育視察団30名が袋井中学校を訪問しました。図書室で、袋井中学校の教育方針について説明を聞き、その後授業の様子を参観しました。

 

訪日団の方々は、連雲港市の小中学校の先生方だそうです。中国に比べ、日本の学校は生徒を温かいまなざしで見つめ、一人一人の良さを認めながら指導をしていると驚いていました。中国では、テスト偏重・競争重視になりがちな部分が多く、豊かな人間性を育てる幅広い教育の必要性が話題になっているそうです。

 

 

 

 

平成30年9月26日(水)

 

 

校内体育大会  再延期の中、実施

 

       全校生徒による迫力のソーラン節披露

 

 

雨天が続き、20日(木)から延期していた体育大会がようやく実施できました。午後から雨の予報を受け、一部種目を割愛したり、プログラムを大きく変更したりして、保護者の皆様にも御迷惑をおかけしました。

しかし、当日は学年僥倖種目や全員リレーで生徒たちの輝く笑顔が見られました。また、全校生徒によるソーラン節も迫力のあるものでした。

 

平成30年9月10日(月)

 

全国大会出場選手が市長に報告しました

 

袋井中学校男子バレーボール部、女子卓球部・鈴木麻由さん、陸上競技部・伊藤聡平君の1団体2個人が、全国大会出場を原田袋井市長へ報告しました。

 

袋井中学校では、今年度の全国中学校総合体育大会に、3つの部活動で選手が出場しました。公立中学校で3部活から全国大会へ出場することは快挙であり、市長へ報告のため表敬訪問しました。

 

原田英之袋井市長は、

 

「伊藤君は、全国大会というプレッシャーのかかる舞台で、ベストの記録を出すということは素晴らしいです。鈴木さんは、今、卓球は注目されているスポーツでもあり、袋井中も卓球でアジア大会に出場した大先輩もいるのでぜひがんばってほしい。男子バレー部も目標に向け一貫してがんばり通すことができた。全国大会に出場できたというだけでも本当に素晴らしいこと。力いっぱい戦ったこの経験は、人生の糧となると思います。今後も練習がんばってください」と健闘を称えてくださいました。

 

 

平成30年7月6日(金)

 

上級学校訪問の感想が新聞に掲載されました ②

 

 

2年生の4月末の上級学校訪問学習の感想が、7月2、3日の連日、中日新聞「わかば」の欄に掲載されました。

 

 

 

県西部の大学や専門学校を訪問し、上級学校での学びについて知ることで、将来の進路を前向きにとらえ、自らの夢を膨らめてもらいたいという願いで実施しました。

 

 

 

 今回の水野季瑚さん、多田菜摘さん、それぞれが体験を通して、自分の物の見方・考え方を広げ、

 

深めていることがうかがえます。

 

 各教科の学習ももちろんですが、こうした体験的な学習を通して学ぶことも生徒にとってとても貴重な学びです。

 

 

平成30年7月2日(月)

 

強き心で突き進め 輝け未来への第一歩

 

50回 磐周大会 結果 ② 

 

 

6月30日(土)  

 

サッカー競技の部  予選リーグ 最終戦

 

   袋井中  1-0  周南中   

 

111引き分け 勝ち点が同点でしたが直接対決で勝利のため、予選リーグ2位で通過!  7/7(土) 決勝トーナメント1回戦 対神明

 

野球競技の部 1回戦

 

袋井中  4-1  城山中

 

ソフトボール競技の部 リーグ戦1試合目

 

袋井中  2-7  豊田南中  7/7(土)あと2試合あります

 

男子ソフトテニス競技の部 

 

袋井中  2-1  福田中

 

       0-3  豊岡中   

 

予選リーグ2位 決勝トーナメント進出

 

        0-2  森中   決勝トーナメント1回戦敗退  2年連続5

 

女子ソフトテニス競技の部 

 

袋井中  0-3  豊岡中

 

       2-1  城山中

 

       0-3  浅羽中   予選リーグ3位 敗退

 

女子バレーボール競技の部   1次リーグ 

 

袋井中  2-0 磐田南部中

 

       2-0  磐田東中 1次リーグ1位  7/7(土)2次リーグへ

 

女子バスケットボール競技の部   予選リーグ 1日目 

 

袋井中  31-15 城山中

 

       63-14 豊岡中  7/7(土) 決勝トーナメント進出決定

 

男子バスケットボール競技の部   予選リーグ 1日目 

 

袋井中   5129  豊田南中

 

       6222  袋井南中 7/7(土) 決勝トーナメント進出決定

 

陸上競技 静岡県選抜大会

 

    伊藤聡平  800メートル走  第4

 

    渡邉 猛   男子砲丸投げ   第8

 

 

 

7月1日(日)  

 

野球競技の部 2回戦

 

袋井中  0-8  福田中   2回戦敗退

 

 

平成30年6月28日(木)

 

上級学校訪問の感想が新聞に掲載されました

 

 

2年生の4月末に行った上級学校訪問学習に行ったとの伊藤結さんの感想が中日新聞「わかば」の欄に掲載されました。

 

 

 

県西部の大学や専門学校を訪問し、上級学校での学びについて知ることで、将来の進路を前向きにとらえ、自らの夢を膨らめてもらいたいという願いで実施しています。

 

 

 

結さんの文章の中の

 

夢に向かって走り続ける姿に感動した

 

 

 

仕事は人との関わりで成長するためにする

 

という言葉は、大切にしていきたい言葉です。

 

2年生は、今年も11月に職場体験学習を行います。

 

 

平成30年6月22日(金)

 

 

最後の夏に向けた決意を表明 

 

磐周大会壮行会を実施しました!    

 

 

平成30年度 磐周大会スローガン

 

強き心で突き進め 輝け未来への第一歩 (磐田東中 阿部凌大さん作)

 

○各部の部長が、磐周大会に向けた自分たちの決意を発表しました。3年生からは、最後の夏の大会に向けた並々ならぬ思いを感じ取ることができました。

 

 

 

12年生からなる応援団を中心に、選手たちへエールを送りました。特に応援団員たちは、この日のために何日も練習を重ねてきました。気持ちのこもった立派な応援ができました。

 

 

 

○全ての部の健闘を期待し、みんなの気持ちを一つにしようと、吹奏楽部が演奏を披露しました。曲目は「秀吉」。まさに、出陣を飾るドラマチックな楽曲でした。

 

 

 

○これまでの各部の活動を振り返り、感謝の気持ちをもって最後の大会に向かってもらおうと、コンピュータ部が、各部の練習風景をビデオに編集し、それを披露しました。

 

 

 

     袋井中 部活3

 

       試合で勝つ  マナーで勝つ  自分に勝つ

 

 

 

  応援する生徒も応援される生徒も、全校生徒の気持ちが一つになる温かい会でした。

 

生徒たちは、それぞれの健闘を信じ、悔いなく自分の力を出し切ろうという思いを胸に刻んでいました。

 

 

50回 磐周大会 結果 ① 

 

623日(土)  水泳競技実施

 

  男子 総合優勝 

 

2年ぶり8回目の優勝です)

 

  女子 総合第2

 

     この磐周大会の上位選手が7/7(土)の  

 

西部大会に進出します。

 

624日(日)  サッカー競技の部  予選リーグ

 

  袋井中  0-1  福田中       袋井中  1-1  浅羽中      

 

袋井、福田、周南、浅羽の4チーム中、上位2チームが決勝トーナメントに進出します。現在混戦状態。 6/30(土) 対 周南中が、予選最終戦  負けられない一戦です。

 

 

 

 

平成30年6月14日(木)

 

 

袋井中 今年も積極的に新聞投稿します

 

 

袋井中学校では、

 

「自主・協同」の校訓の下、「社会人としてのマナーを身につけ、主体的に行動する生徒の育成」を目指しています。

 

その一貫として、社会や地域とのつながりを意識し、主体的に自分の考えを発信していくことを奨励しています。

 

主体的に自分の考えを持ち、それを発信していくことは、「自分たちにもきっとできることがある」

 

という自信につながり、社会や地域のために力になりたいという意欲に育っていくと考えています。

 

平成30年6月1日 中日新聞より

 

平成30年6月8日(金)

 

 

袋井中 学力向上を目指した挑戦!①

 

3年生 数学科 全クラス全授業

 

1クラスを半分に分け、少人数で行っています

 

 

袋井中学校では、今年度、学力向上に向けた取組の一つとして、3年生数学科の授業を1学級に対し2名の教員で行っています。5月中旬からは、本格的に少人数での指導を始めました。

 

3年生は1学級3435人ですので、数学科は1718人での授業となっています。(写真の通りです。)少人数となって、教員は一人一人によりきめ細やかな指導をすることができます。数学が苦手な生徒も声を掛けられる機会が増えたことで、積極的に取り組む姿も少しずつ見られるようになりました。先日の中間テストの結果を見ても、頑張りが見られた生徒が多くありました。

 

 

 

袋井中学校では、これ以外にも全学年考え、話し合う道徳を積極的に進めたり、朝読書の時間に学習を取り入れたり、様々な挑戦をしています。「夢を抱き、たくましく次の一歩を踏み出す15歳」を育てようとしたとき、確かな学力は、是非とも身に付けさせたいものです。今後も、御家庭と協力して学力向上に向けた取組を進めていきます。

 

平成30年5月23日(水)

 

今年度も 図書館ボランティアの皆さん

がんばってくださってます

 

保護者や地域の方々が、学校図書館を生徒にとって、より魅力的な場所にしようと、ボランティアとして図書室の飾り付けをしてくださっています。

 

季節ごとに図書室の入り口が華やかに彩られ、学校図書館の雰囲気が明るくなっています。

 

 

 

地理にも興味を持ってほしいということで、昨年度から、日本各地を紹介してくださっています。

 

今回は「中国地方」を取り上げてくださいました。平和への祈りを込めて、折り鶴も配置されています。

 

 

 

図書館ボランティアをして下さる方を募集しています

2ヶ月に1回程度、午前中に集まって活動をして下さっています。

 

本が好きな方、デコレーションが好きな方、小学校で活動経験のある方(無くてももちろん大丈夫です)、御興味がある方は、袋井中学校までお電話下さい。(℡42-4155担当・北浦)

 

 

平成29年度にボランティアの皆さんが作ってくださったものです

 

~テーマ「日本」~ 各地方の祭りや特産物等の掲示を作成

 

平成30年4月5日(木)

 

平成30年度 スタートしました 

今年度もよろしくお願いします

 

始業式での加藤校長の話のポイント

 

 

学校ってどんなところ?」

 

    夢やあこがれを将来実現するめために

 

        自分の良さを見つけ、可能性を伸ばすところ

 

そのために 社会人としてマナーを身につける  「協同」

 

        自分で考え、正しく行動できる   「自立」

 

全員が大切にしてほしいこと(凡事徹底)

 

1「聞くこと」    

2「あいさつ」

3「時を守る」

 

特に、ちゃんと聞くことは、相手を大切にすることにもつながります。また、素直に話が聞けることは自分を成長させてくれます。

始業式に先だって、新しく12名の職員を迎え、新任式を行いました。

式の中で、生徒会長・安井蒼真君が生徒を代表して挨拶しました。

安井君は、袋井中の自慢として以下の3つを紹介しました。

・ピンクシャツデー

・二大行事

(体育大会、あやぐも祭)

・盛んな部活動

 

平成30年度生徒数

1年生241名  2年生265名  3年生247名  合計753

 

職員数

常勤教職員 52名 (非常勤を含めると65)

磐周(磐田市・袋井市・森町)の中で、城山中学校に次ぐ2番目の大きさの中学校です。